ホームページの作成方法

ホームページを作成する場合、

  • 個人や組織・団体のサイトなど用途からホームページ作成用ツールを考える場合
  • 見栄え(デザイン)重視からホームページ作成用ツールを考える場合
  • ブログの扱いでホームページ作成用ツールを考える場合
など、目的は様々ですが、方法としてしては、
  • CMSを使って作る
  • テキストエディタを使って作る
  • ホームページ作成ソフトを使って作る
と、大きく3つに分かれます。

CMSとは

Contents Management Systemの略で、日本語に訳すと「コンテンツ管理システム」です。

HTML・デザインの知識、技術的な知識がなくても、管理画面からテキストや画像等の「コンテンツ」を登録することで、ホームページを更新することができるシステムのことで、ブログもCMSの一種と言えます。

ログインしてユーザーの設定に応じた言語やデザインで閲覧したり、設定された権限に応じて「コンテンツ」を編集するしくみが提供されている為、初心者でも使いやすいシステムです。

Comitia(コミティア)は

Comitia(コミティア)のサービスはCMSを起用しています。インターネットが繋がり、Internet Explorerなどのウェブブラウザが使える環境であれば、ホームページを簡単に編集する事ができるので非常に便利です。
また、様々な機能を用意している為、多種多様な業種の方に合わせた最適なホームページ作成ができます。

CMSとは「特定の目的に特化したもの」を作成することが可能な為、「お問い合わせ」を増やし売り上げに繋げたい企業向けホームページの作成に特化しており、なおかつ、SEO対策の対応が可能です。

CMSを使うことで、wordやexcelを使える程度のPCスキルがあれば、誰でもホームページを更新することができるようになります。

事業のスピードに合わせて、ホームページをスピーディかつ低コストで更新がカンタンになると、御社のご担当者は本業である営業やマーケティングに集中することができます。

テキストエディタとは

既にHTMLやスタイルシートを直接記述する知識がある程度ある方が対象となる作成方法です。

テキストエディタを使って、1から自由に作成したり、既存ページのHTMLを読み込んで、要所を修正して自分の好みに作り上げることが出来ます。

ホームページ作成ソフトとは

ホームページ作成ソフトとは、HTMLの知識が全くなくても、パソコンでデータを入力・アップロードして更新することで、ホームページ作成が簡単に出来てしまうソフトの事です。

長所は、文章を作成するならテキストや数字を入力するだけですし、色を付けたいなら選んでクリックするだけと、簡単にホームページを作成する事ができます。 難しいプログラムを覚えたりする必要は一切ありません。

短所は、企業向けホームページに向いていなかったり、SEO対策の対応が不可能など、「お問い合わせ」を増やしたいお客様には向いていない点です。

ホームページ作成ソフト例

「ホームページビルダー」

長所は、HTML・デザインなどの知識が不要で、趣味むけの簡易テンプレートが使用できます。
短所として、ビジネス向けサイトのデザインが少ないため、売り上げに繋がる企業向けホームページを作るのは難しく、SEO対策の対応も不可能なうえ、新しくページを追加するのが大変です。また、問い合わせフォームや資料請求フォームを作る機能がついていません。

「DreamWeaver」

長所は、プロのデザイナーが仕事で使用するソフトなので、高度な機能がたくさんあり、ビジネスむけのテンプレートが使用できます。使いこなせば質の高いホームページを作ることができます。
短所として、自由に使いこなすにはHTMLの習得が不可欠であり、デザインセンスが必須なのとSEO対策の対応が不可能です。


03-3400-3007
東京の格安ホームページ制作会社 【コミティア】の無料資料請求東京の格安ホームページ制作会社 【コミティア】のお問い合わせ

ホームページ制作会社の比較

Share | rss
なかのひと